肥後のアナトリアン・シェパード・ドッグ

交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。出産し、子育てを始めるとなるとどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。学校を卒業したばかりの新人ですとか、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。残業も完全に仕事のうちですから、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もういい大人なのだから、何か起こった時は決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。常日頃、看護師とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟とされるところは、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。看護師の存在は法律上、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。しかしながら、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、経験豊富な看護師であれば、部分的に医療行為も行っていいのではないかと思っています。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、とりわけ医療職に就く人たちがますます必要とされる可能性があります。なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そういう看護師の仕事を続けていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。実行している病院がほとんどのようです。病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測定し、評価をつけられるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。評価を行なうのは、毎月の病院や、年に一度だけ、という病院もあるようです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。医師、そして、看護師。二つの間には大きな違いがあります。端的に言えば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。対する看護師の仕事は、お医者さんに従い、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つに年収が高いということがあります。卒後間もない看護師の場合も、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも高めだといえるでしょう。そうはいっても、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、この何年か特に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。なので、病院で勤務する看護師についてももっと多くの人手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職先に困ることはない、という助かる点もあります。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、人手の少ない夜間に限って幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、この二つを漢字で書き表すとこの二つになります。昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える看護師の表記に統合されました。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点ではなんなく看護師が上回りました。それから、看護師という仕事は医療機関を中心に一定数以上の需要が常に見込まれるので、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという役得もあるようです。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。病院は24時間休みなく動いていますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、仕事は日勤業務と夜勤業務で人員を交代させながら業務につくことになります。こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。今、働いている仕事場では給料が相場より遥かに安かったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、皆さんいつも忙しそうです。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。けれど、私の心配とは無縁に、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。看護師さんの中で、子連れで来ている方が結構目立つんです。先生方も笑顔で、終始温かないい雰囲気となりました。働く時間を、自分である程度調整でき、希望に沿った仕事を多くの中から選べるのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それから、患者さんの家族の人たちに笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。勤務中の看護師というのはなかなかリラックスできる暇などなく、そのために多くの看護師はストレスに悩まされます。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであれば大事な点になるでしょう。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄を直接、顔を合わせて説明を行います。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すようにします。申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学や学部の人気が高まっているようです。かなり以前は、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。何しろ看護師の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。つまり看護師というのは高給を得られる仕事であるのは確実です。高い給料をもらっている看護師でも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、Wワークをしようと思えばできるのです。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれる場合もあり、また、人員配置を担当する人の考え方一つで決定に至ることもあります。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。しかしながら、病院における看護業務の他にも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。必ずしも病院でなくとも働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。