品田のゆうと

日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には勤めている現場で各自違うようです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも一般的です。別の見方をすれば、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。看護師に階級があるのをご存知ですか?高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。どのようにして階級を上げるのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要でしょう。当然ですが、階級が高い程、高収入になる事は間違いないでしょう。あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、適任の職場だと言えます。仕事の内容は、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが必要になります。メイクが必要な女性では、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。スッピンとはまた違って、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がまた違ったものになるでしょう。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。とは言え、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれほどの難しさなのでしょうか。調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%近くが毎年合格できているようです。試験そのものも、それまでの学校生活で理解していればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に取得が難関な資格という訳でもないようです。看護師という仕事は特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、労働組合がないとちゃんとした雇用条件で働けず、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇う側の立場の人間が、適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、結局のところ、もしも離職している期間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人が足りていないことが少なからず関係しています。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、上手くいけばすでに50代になっていても再び働くことができます。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。しかしながら、近年では徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら物悲しく思えますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。総じて看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例えば二交代制の病院勤務だと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間労働の現実も世間的に、看護師として働くことがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する場合が多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。ブランクがあっても、資格があれば復帰も早いと思います。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。海外で医療の立場から支援したいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外で看護師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤が必須の職業です。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。希望する病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは交代勤務などで休日が不規則になることです。せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。または、労働環境が過酷で簡単に休みが取れないという問題もあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ですが、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている看護師については言えることなのですが、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。病院で看護師として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、案外、看護師資格はその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、もし注射されるのならば、ベテラン看護師にお願いしたいですよね。とは言うものの、看護師の技術によっては痛みなく処置してくれる看護師もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。大きな総合病院と町医者を比較すれば、給料も変わってくるでしょう。ですので、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる看護師でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くてその結果、離職率が高い割合を示しています。その他にも、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって離婚率についても高くなっているようです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、勤めている職場の人間関係の問題や不規則な勤務形態です。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも多いのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも選択肢に入れておきましょう。転職活動の場面においては、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。それは何かと言いますと、特に履歴書の中の「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。卒業を控えているのに、看護師の就職先が上手くいかないという人は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院が裏で採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、相当な努力が必要になると思います。もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の良い部分と、悪い部分について分かっておく必要があります。手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりとそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。そして、必要とされる学費についてはなんと大学の学費の十分の一程度です。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。男性から人気が高い看護師が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が判明しました。結婚が遅くなる人に多い理由は、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。ここのところ、ますます看護師は不足気味です。看護師資格を持っているけれども、看護師の職を選択していない人も多いのです。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。看護師の勤務先は、病院以外にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも看護師の働けるところは十分にあります。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。看護師の職業は、白衣の天使という呼称があるほど、世間的には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ただ、看護師の勤務の実情に着目してみれば、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。